ブライダルインナーで憧れのシンデレラへ|0時でも魔法は解けない

ウェディング

婚約指輪の存在

使用頻度

結婚

最近は婚約指輪は送らず、二人でつける結婚指輪にお金をかける若者が増えているみたいです。婚約指輪は結婚の約束の印として男性が女性に送るもの。つける頻度は女性によって違うでしょう。高価な品物なので、仕事中は外したり、落としてしまう事も考えられる為、婚約者と会う日以外は自宅に保管していたりするでしょう。結婚するまでは婚約指輪としてつける機会もそこそこあると思いますが、結婚後は結婚指輪を毎日もしくは外すことなくつけている為、婚約指輪をつける頻度がかなり下がります。結婚式や、ちょっとしたお出掛けの時等、特別な時にだけつけることになります。しかも使用頻度は女性によって、よりけりな為、高価なものを一人で所有するよりは夫婦となる二人で高価なものを所有するという考えが浸透していれのだと思います。

婚約指輪の購入

婚約指輪の値段はピンきりです。数万円から何千、何億と上を見ればキリが無いのですが、世間の相場は一般的に給料の3ヶ月分だと言われています。男性にとってはかなり大きな出費になる為、母親からのお下がりの指輪をリメイクして彼女に送ったりするという話を聞いたりしますが、後々の結婚生活の中で、何かあった時に攻撃される1つになることもあるので、女性の希望に添った指輪を送った方が良いでしょう。女性にとっても一生に一度の高価な贈り物になるので、男性側からのサプライズもとても嬉しいことですが、自分自身が納得したデザイン、カラット数、金額を予め下調べしておき、男性におねだりして購入してもらうのもひとつだと思います。